図録「翔子..その書の世界」より  如来

如来…にょらい:(縦67cm*横17cm)

この字を拝見したとき、字そのものが「如来」だと思いました。そして書かれたその方こそ、「如来」の心の方だと思いました。 大自然の中に悠々と生きる樹木の様に、悠々と、素直に大自然の波長のまゝに生きておられる倖せな方なのでしょう。慈悲の温かいぬくもりを感じます。字は體を表すという言葉を噛みしめた一瞬でした。有難うございます。

園田 天光光