このページはダウン症の女流書家金澤翔子さんのプロフィールを掲載します。


プロフィール



 金澤 翔子 プロフィール

昭和60年

6月12日東京都目黒区に誕生。

平成 2年 ( 5歳)

書道を始める。母でもある金沢蘭鳳に師事。

平成 4年 ( 7歳) 

 8月

東調布第三小学校に入学。

平成 7年 (10歳)

10月

全日本学生書道連盟展。選抜大蓮法展に「花」を出展。
同年「般若心経を書く。

平成10年 (13歳)

久が原書道展に「佛心」を出品。

平成11年 (14歳)

日本学生書道文化連盟展に「龍」を出品。銀賞を受賞

平成12年 (15歳)

日本学生書道文化連盟展に「延命十句観音経」を出品。銀賞を受賞

平成13年 (16歳)

日本学生書道文化連盟展に「舎利札」を出品、金賞を受賞。
都立矢口養護学校に入学

平成14年 (17歳) 

日本学生書道文化連盟展に「觀」を出品。金賞を受賞。

平成15年 (18歳)

ステップアップアカデミー入学。

平成16年 (19歳)

10月

雅号 小蘭を取得

平成17年 (20歳)

1月

泰書會・新春小品書展に「如来」を出品。

12月

銀座書廊において個展「翔子 書の世界」を主催。
帝国ホテルにて祝賀会を催し、席上揮毫を行う、
朝日新聞「いのち」にて書展記事掲載される。

平成18年 (21歳)

1月

NHK総合TV「おはよう日本」でテレビ放映される。

2月

日本TV「24時間テレビチャリティーリポート」でテレビ放映される。

3月

大田区雪谷文化センターにおいて、個展「翔子その書の世界」を開催。
席上揮毫を行う。

4月

足立区善立寺において、個展「翔子その書の世界」を開催。
東京新聞にて「書がくれた生きる道」で書展記事掲載される。

7月

「愛にはじまる」(金澤泰子著:ビジネス社発行全国書展で発売開始。
同時にDVD「小さな書家 金澤翔子の世界」を発表。4,000部完売となる。

8月

泰書會(柳田泰山主宰)主催、第十三回泰書展(上野の森美術館)に「雨曼荼羅華」初出品。以降毎回出品。

10月

鎌倉、建長寺に額装「慈悲」を奉納。
東京都北区、大恩寺に於いて個展を開催、席上揮毫を行う。

平成19年(22歳)

3月

江東区、江東メモリアルに於いて個展を開催、席上揮毫を行う。

11月

東京芸術劇場にて創作バレエ「まくべす」の開幕に、舞台上で
      長さ5メートルの大壁紙に席上揮毫を行う

12月

台東区、日蓮宗本山・瑞輪寺に於いて、幅約7メートルの大壁紙に
     「念彼観音力」を席上揮毫。

平成20年(23歳)

10月

東京都北区、大恩寺に於いて個展開催、席上揮毫を行う。

11月

ダウン症の書家・翔子『天使の正体』金澤泰子著、かまくら春秋社より出版。

平成20年(23歳)

12月

銀座松坂屋カトレアサロンで金澤翔子・書店 「その書の世界」を開催 1300人以上の来場

平成21年 (23歳)

1月

TBSテレビ「サンデージャポン・ジャポ熱大陸」で椿姫彩菜さんのレポートで紹介される

2月

クロワッサン2/25特大号「最近、面白い本読みましたか」のコーナーで紹介される

2月

読売新聞「くらし・家庭」で紹介される

3月

【大田区雪谷文化センター】ダウン症の書家 金澤翔子・書展 「その書の世界」を開催1,900人以上の来場者、同時に席上揮毫「龍翔鳳舞」を行う。                          母康子さんの講演会同時開催

4月

女性自身4月21日号「シリーズ人間」で7ページにわたって紹介される。WEB女性自身のブログで約1ヶ月にわたり記事全文が紹介される

4月

NHK海外向け番組「NHKワールド」で紹介される

5月

鎌倉の建長寺にて 金澤翔子の書「四曲屏風作品展」を開催 8,000人の来場者              約300人の来場者のなか、席上揮毫「壽山福海」を行う 

6月

新宿 アートコンプレックス・センター(ACT)にて「翔子・その世界展」開催                   レセプションパーティーは24歳の誕生日となる。

平成21年 (24歳)

6月

TBS「サカスさん」で、元光GENJIの大沢樹生さんのレポーにて紹介される。

平成21年 (24歳)

7月

NHK3チャンネルの「福祉ネットワーク」30分番組にて紹介される。

平成21年 (24歳)

8月

週間女性に掲載 書き下ろし「雨ニモ負ケズ」の付録付。

平成21年 (24歳)

9月

ホテル日航東京にて、チャペルコンサートと席上揮毫コラボイベント。

平成21年 (24歳)

10月

年賀状デザインソフト本に竹久夢二などと掲載される(学研パブリッシャー発行)。

平成21年 (24歳)

11月

京都の建仁寺にて、「金澤翔子 建仁寺展」が行われ、風神雷神 など展示                国宝「風神雷神」と同時展示(デジタルコピー)。

平成21年 (24歳)

11月

フジテレビ 「ベストハウス123」で紹介されサイトも一時アクセス不能に。

平成22年 (24歳)

11月

鎌倉二階堂の鎌倉宮で 「仰神威」 の席上揮毫を行う。

平成22年 (24歳)

1月

NHK3ch 「心の時代 宗教・人生」 〜光明を探して〜 で60分放送される。

平成22年 (24歳)

2月

障害者の美術作品展 藤沢での「ハーモニー展」の関連イベントに参加。

平成22年 (24歳)

3月

レビ朝日「ちい散歩」 で東京アートコンプレックス・センターの書展が紹介される。

平成22年 (24歳)

4月

よみきりコミックの シルキー で「千分の一の奇跡」100ページのコミックで掲載。

平成22年 (24歳)

4月

 書と母・泰子さんの日記とエッセイが本 「天使がこの世に降り立てば」で発売される 「天使の正体」のハードカバーは完売となり、並製で再販される。

平成22年 (24歳)

5月

北鎌倉の建長寺にて「般若心経展」 18,000人の来場者 琵琶演奏とのコラボ席上揮毫。

平成22年 (24歳)

5月

書の待ち受け画面のダウンロード始まる。

平成22年 (25歳)

6月

銀座「晶アート」での個展開催。

平成22年 (25歳)

7月

フジテレビ「アンビリーバボー」で放送される 。

平成22年 (25歳)

8月

ホテル日航東京で和楽器と揮毫のコラボイベント 。

平成22年 (25歳)

8月

茅ヶ崎での福祉イベント「ダウン症児の写真展」に出展。

平成22年 (25歳)

9月

平成23年用の年賀状デザイン本の郵便局発行に掲載決定。

平成22年 (25歳)

9月

「マイ年賀状」に書家・紫舟さんと掲載決定。

平成22年 (25歳)

10月

初心者向け書道本「女子書道」に書家・ 武田双雲さん兄弟とともに掲載。

平成22年 (25歳)

11月

黒木瞳さん主演の明治座の舞台「取り立てやお春」の題字を書く 。

平成22年 (25歳)

11月

「小さき花」小学館より発行、書:金澤翔子/文・画: 加島 祥造/。

平成22年 (25歳)

11月

たまプラーザ「有隣堂」でサイン会、ホテルでの出版記念パーティーで席上揮毫。

平成22年 (25歳)

11月

トレッサ横浜で 「ゆうきのつばさ2010〜」のイベントに参加し席上揮毫。

平成22年 (25歳)

11月

憧れだった元モーニング娘、の飯田圭織さん、安部なつみさんと出演。

平成22年 (25歳)

12月

大田区アプリコ大ホールで席上揮毫。

平成22年 (25歳)

12月

女性セブンに3ページ掲載。

平成22年 (25歳)

12月

テレビ朝日 「徹子の部屋」に母・泰子さんとともに出演。

平成23年 (25歳)

2月

TBSテレビ 「中居正広の金曜日のスマたちへ」に出演。

平成23年 (25歳)

2月

スタジオで揮毫・レギュラー出演者とトーク・ドラマ仕立ての紹介もあり。

平成23年 (26歳)

8月

2012年NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を書く。

***参考ページ***
created by Noritake