私にとって写真は記憶であり、ときには忘れ去ってしまったものへの追憶。
嘗て見たものは、現在への予兆であったのかもしれない。
そして今、目にするものは未来への予兆かもしれない。

...HOME |...BLOG | ...LINK | ...PROFIL |...CONTACT |


大田市宅野・・・
地図でも探すのに苦労するような、小さな小さな漁村でした。
人と会うことも無い、漁船は操業しているのだろうか・・?
そこで見る、日本海の漁村風景の光と影が何故か和やかな気持ちになりました。
今回の撮影でお気に入り場所のひとつになりそうな
前日午後訪れ、太田市のホテルへ一泊、翌日も足を運んだ漁村です。
山陰、山陽の旅:
日本海の漁村:島根県大田市宅野


丹後半島東端にある伊根の舟屋群を撮って見ました。
小高い山は海岸線まで押し寄せています。ぎりぎりに建てられた漁師の住まいは一階が漁船の格納庫や漁具を収めてあり、住まいは二階に作られている。湾を囲むように建てられた舟屋群を見ていると、まるでトロール船の網を張ったかのような曲線状には、漁師の結束した心意気と、温もりある生活の息吹を感じる。
山陰、山陽の旅:
丹後半島・伊根の舟屋

東京近郊、立川市、昭島市に所在する150haにも及ぶ国営公園です。昭和天皇即位50年を記念して作られました。広大な敷地内には四季折々の花々や花木を楽しむことができます。
子供たちにも人気のスポットで、近所の学校、幼稚園児の遠足なども見て楽しい光景です。
早春から秋までの四季の移ろいを、保存の意味もあり作ってみました。
昭和記念公園:四季の移ろい .

早春に芽吹き、花を咲かせます。
若葉の美しさに目を奪われるのもつかの間、やがて鮮やかな深紅や黄金の葉を散らしてすっかり丸裸になってしまった木々です。
この時期が一番ノンビリしている時期なのかもしれませんね。
ようやく素顔を見せてくれる時期でもあります。
通り過ぎると、肩越しに木々の会話が聞こえてきそうです。
昭和記念公園トトロの棲む森 .

川越は人口33万、埼玉県では大宮に次ぐ都市でありながら、戦災を免れて残る歴史的街並みは、観光客目当ての張子の街並みではない。
普段から普通に営まれている、江戸の名残が嬉しい街である。 これからも時々訪れて、四季折々の風景、祭り、歳時記を追ってみたい。
小江戸川越 .

立川市は東京のほぼ中央に位置した、武蔵野台地にあります。中央線、南武線、青梅線の要の駅として、多摩地方で最も賑わいを見せる町です。嘗て、陸軍飛行場がありその跡地は「昭和記念公園」として、四季折々の花々や花木で楽しませてくれます。
人口18万ほどの町には色々な顔があります。
私には通過駅としての利用が多いのですが、街中散策も面白い町です。
東京立川 .

東京銀座・・・日本国中数限りなくある銀座も、東京中央区が本家本元(笑
家内と知り合ったのも丸の内勤務の頃、懐かしい銀座です。

都落ち?して長い年月が過ぎました。
変わったかなぁ〜〜、何処が変わったんだろう・・・
肩をぶつけ合いながら擦れ違った小さな路地は姿を消しました。
東京銀座 .


横田基地は都心から西へおよそ40km、奥多摩の山並を背景に5市に隣接した在日米軍統合司令部のある基地である。米軍人、家族、基地関係者で一万を超える人々が生活をしている。隣接する市、特に福生市は一部基地の町として様々な風景を見せる。
横田基地のある町 .

人里・・ひとざとと書いてへんぼりと読む。
正式な地名は東京都西多摩郡檜原村人里である。西は山梨県上野原町に接した東京の西端にある。過疎の村だがやまぶきが咲き、蛍が舞う、日本の過ぎ去ってしまった風景が今に残る。
人里のバス停留所に咲く枝垂桜、春は圧巻。
そんな人里の四季を追ってみたい。先ず秋を撮ってみた。
奥多摩人里(へんぼり)の秋 . .
昭和記念公園の紅葉 新宿の風景 下町の夕涼み